×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紅茶の試飲方法

紅茶の味の本質を見極める、上手な試飲方法


Step:1~美味しいお水で入れてみる!
 紅茶を試飲する時には、「美味しいお水」を使うこと。沸騰させたときに、水道水の「カルキ」の臭いがプ~ンと来るようなお水を使ったら、せっかくの紅茶の味や香りもだいなし。まして、紅茶の味の見極めなど、もってのほか。美味しいお水を使いましょう。
 また、試飲の時は、もちろんストレートです。

紅茶選び方トップページ
自分の舌で紅茶を選ぶこと
目的にあう紅茶を選ぶこと

Step:2~規定通りと、時間長めと2種類作る!
 まず、その紅茶についてきた「紅茶の入れ方」などがあれば、その規定通りの「茶葉の分量」、「沸騰したお湯の分量」、「蒸らし時間」などに沿って入れてみる。
 そして、もう一つ別に、その規定通りの「蒸らし時間」よりも2~3分くらい長めに蒸らした紅茶を作る。
 蒸らし時間を長めにすると、紅茶の茶葉中の成分が全部抽出されて、その紅茶の味の性格がはっきりわかります。


Step:3~紅茶が熱いうちの味と香り!
 紅茶を入れたら、その紅茶がまだ熱いうちに、紅茶の味と香りを確かめる。これは舌がやけどしないように注意して試飲するのですが、紅茶が熱いうちは、味ははっきりとはわかりません。しかし、香りは熱いうちが一番よくわかります。紅茶が冷めないうちの味と、とくに、香りを確かめましょう。


Step:4~紅茶がさめてからの味と風味!
 紅茶が冷めると、その紅茶が持つ味と風味が良くわかるようになります。本当に美味しい紅茶は、「冷めても味がよい」です。熱いうちは、味がよくわからなくても、冷めてから飲むと、「いったいこれはなんじゃ!」と思うような紅茶もあります。
 紅茶が冷めてからの、「味と風味」を確かめましょう。


 以上のように紅茶を入れ、試飲すると、紅茶の味や香りの良し悪しがわかります。また、空きっ腹の時に試飲すると、品質の悪い紅茶ですと、健康な人でも、胃がむかむかしたり、気持ちが悪くなったりしますので、余計によくわかります。本当に美味しい紅茶とは、「渋み」や「苦み」も美味しいものです。
 ただし、ミルクティーにするのが目的のための紅茶は、ストレートではちょっと飲むのがきついくらい「渋い」紅茶のほうが、美味しいです。しかも、ミルクティーにして美味しいのは、「苦み」ではなく、「渋み」です。それでも、渋み自体が美味しい特上のミルクティー用の紅茶も、ありますけれど。
 まともな舌をお持ちになっておられれば、素人でも試飲はできます。また、蕎麦や魚などの、和食の味を見極める舌を持っている人は、紅茶の試飲もするどいと、ある紅茶のバイヤーさんが、言っておられました。「和食に紅茶」も、いけるかもしれませんね。
 皆様、紅茶の味の見極め「試飲」にチャレンジしてください。けっこうはまります。
女フレンチシェフ





紅茶   紅茶通販   紅茶Twitter   紅茶Facebook   紅茶Blog   紅茶LINE